プロのカウンセラーからのアドバイスを聞きたいという方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。お問い合わせは、お問合せフォーム・メール・LINE・スカイプにて承っております。
   【営業時間平日10:00~19:00(日本時間)】
台湾・台北賃貸物件、台北アパート・台北オフィスはPAPAGOお部屋探し支援室まで。 学生さん向けの格安物件からファミリー向け、短期可物件等、不動産情報満載
台北賃貸物件なら、お任せください! PAPAGOお部屋探し支援室
papago.heya@onelinecst.com.tw
+886-2-25111415 | +886-988701713(日本語可)
papago777study park_flower
 

不動産取引業協会会員番号:1050402      宅地建物取引主任者:孫建中【登録番号:北市經證第01009號】

地域の特色と家賃相場

台北の家賃相場は不動産バブルや、世界有数の人口密度の高さの影響を受けて、他の物価に比べて割高感があります。東京と比較すれば、まだ若干安いと言えそうですが、その他の日本の大都市に比べると割高感があるかもしれません。

ただし、礼金の習慣がなかったり、敷金が全額返金される場合が多かったりと、日本よりもコストがかからない部分も多くあります。

なお、一口に台北と言っても、かなりの大都市なので、地区によって家賃相場は大きく異なります。12の区からなる「台北市」は、東京で言うところの23区に当たります。一方、「台北市」の郊外地域である「新北市(旧台北県)」は、29の区から構成されており、東京都内の市(例えば、町田市・八王子市など)をイメージすると分かり易いでしょう。

最近では、新北市内でも、交通の便が良くなり、住環境のレベルが高い地区が増えつつあります。日本と同様、これらはさらに、それぞれの区のランクによっても家賃相場が異なってきます。

ここでは「台北市中心エリア」「台北市その他のエリア」「新北市中心エリア」「新北市その他のエリア」の4つに分けて、各エリアの特徴と大まかな家賃相場を解説します。

台北市地図 / 新北市地図(台湾観光局サイトより)

★台北市中心エリア(中正区・大安区・信義区・中山区・萬華区・大同区・松山区)

台北の中心地であり、最も地価が高いエリアです。特に、中正区・大安区・信義区・中山区の4区は、非常に発展しており、台湾人・外国人を問わず最も人気があります。駅近の物件になると、ワンルームでも学生様向けの物件で家賃1万台湾ドル以上、高級物件になると3万台湾ドル以上が相場になります。地下鉄や商業地区に隣接している物件も多く、外国人も多く住むエリアのため、英語や日本語が通じるところもたくさんあります。家賃相場は高めですが、台湾での生活が初めての方には、一番おすすめできるエリアです。

  • 中正区:台湾の中核をなす政府機関や、有名大学が多く集まるエリア。
  • 大安区:中正区から信義区に続く繁華街。高級住宅区や商業地区など様々な側面を持つ。
  • 信義区:台北のランドマークである101や、大型ショッピングモールが立ち並ぶオシャレなエリア。
  • 中山区:ホテルや観光客向けのお店、日本食店等が並ぶ。日本語が通じるお店も多いので、日本人に一番人気。
  • 萬華区:台北の下町。最も早くから開けた地区なので、築年数の古い物件が多い。
  • 大同区:萬華区のすぐ北側にあり、同じく下町の風情がある。
  • 松山区:住宅エリア。国際空港があることで有名。落ち着いた雰囲気。

【台北市中心エリアの家賃相場】

  学生様向け(単身) 単身~2人用 ファミリー用
長期契約(1年) 9000~18000 20000~35000 25000~40000
短期契約(1か月) 20000~25000 30000~50000
 単位:台湾ドル

★台北市郊外エリア(士林区・北投区・内湖区・南港区・文山区)

繁華街からは若干離れますが、自然が豊かで、ゆったりと過ごせるエリアです。家賃相場は、中心エリアと比べると、地下鉄が開通しているところで1~2割、末開通エリアであれば3~4割程度安くなります。郊外とはいえ、地下鉄やバスで20~30分で市内までアクセスできるエリアがほとんどなので、さほど不便さは感じません。都会の喧騒を逃れ、ゆったり過ごしたいけれども、都心へのアクセスも重視される方におすすめです。

  • 士林区:故宮博物院や士林夜市などの観光スポットが多い。古くからの日本人街として有名な天母もこの地区にある。
  • 北投区:山地が多く、日本時代に開発された温泉が有名。温泉好きな方におすすめ。
  • 内湖区:中心部はハイテク企業が多く入るビジネスセンター。郊外は果樹畑など農業が盛ん。
  • 南港区:駅前は最近開発が進み、ビジネス街になっている。少し離れると畑が並びのどか。
  • 文山区:自然が多く残り、山地はお茶の産地として有名。

【台北市郊外エリアの家賃相場】

  学生様向け(単身) 単身~2人用 ファミリー用
長期契約(1年) 7000~16000 18000~30000 20000~35000
短期契約(1か月) 18000~22000 25000~40000
 単位:台湾ドル

★新北市中心エリア(板橋区・三重区・永和区・中和区・新店区・淡水区等)

台北市内の地価高騰に伴い、近年開発が進んでいるエリアです。以前は、地下鉄が通っておらずアクセスが不便でしたが、ここ10年で、一気に地下鉄が網羅され、若者を中心に人気になっています。特に、板橋の駅前は、101のある信義区等と比較しても遜色がないほど発展してきています。その分家賃相場も上がっているため、台北市内に比べても1~2割安い程度にとどまっています。ただし、エリアによっては、それほど急速な開発が進んでおらず、市内より3~4割安い物件を見かけることもあります。

【新北市中心エリアの家賃相場】

  学生様向け(単身) 単身~2人用 ファミリー用
長期契約(1年) 7000~16000 18000~30000 20000~35000
短期契約(1か月) 18000~22000 25000~40000
 単位:台湾ドル

★新北市郊外エリア(林口区・三峽区・五股区・萬里区など)

新北市の中で、主に地下鉄がまだ開通していないエリアです。地下鉄の開通が予定されているエリアもありますが、移動は基本的にバスで、市内までもかなりの距離があります。商業施設や、外国人向けのレストランなどは少なくローカルな雰囲気が漂います。その分家賃相場は随分と安くなります。自然が豊かで、台北郊外とは思えないような空間で生活できますが、交通や生活が不便なので、外国人に人気のあるエリアとは言えません。

【新北市郊外エリアの家賃相場】

  学生向け(単身) 単身~2人用 ファミリー用
長期契約(1年) 5000~12000 12000~25000 18000~30000
短期契約(1か月)
 単位:台湾ドル