プロのカウンセラーからのアドバイスを聞きたいという方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。お問い合わせは、お問合せフォーム・メール・LINE・スカイプにて承っております。
   【営業時間平日10:00~19:00(日本時間)】
台湾・台北賃貸物件、台北アパート・台北オフィスはPAPAGOお部屋探し支援室まで。 学生さん向けの格安物件からファミリー向け、短期可物件等、不動産情報満載
台北賃貸物件なら、お任せください! PAPAGOお部屋探し支援室
papago.heya@onelinecst.com.tw
+886-2-25111415 | +886-958475900(日本語可)
@yuf5643k papago.heya
 

不動産取引業協会会員番号:1050402      宅地建物取引主任者:孫建中【登録番号:北市經證第01009號】

人気の駅から物件探し

台北101/世貿駅の周辺紹介はコチラ
台北MRT駅大分析「台北101/世貿駅」

 

皆さん、こんにちは!今日はMRT信義線の101/世貿駅の周辺エリアを紹介します。数年前までは世界で一番高いビルとして知られている101と様々な展覧会が開催されている世界貿易センターへの最寄り駅です。台北で最も華やかなエリアですが、住宅は超の付く高級レジデンスが中心のため、住むという観点からは、一般の方にはあまり関係のないエリアかもしれません。とはいえ、駅から5分くらい離れた光復南路×信義路や光復南路×基隆路の交差点くらいまで行けば、それなりに安価な物件も出てきますので、一概にこのエリアに住むのは難しいという事ではありません。また、比較的お手軽な物件は、周辺の国父記念館駅や信義安和駅、象山駅などに集中しているので、そちらの方も参考にしてみるのもいいかもしれませんね。他のエリアをお薦めするような形になってしまいましたが、今回も駅周辺のエリアを見ていきましょう。

【PAPAGOスタッフのお薦め度ランク♪(★5つが満点です)】

家賃:★(お手軽な住宅はほぼ無い、5分くらい離れれば安い物件も出てくるが…)

・治安:★★★(繁華街でクラブ等も多いので、夜中は少し気を付けたほうがいい)

・食費:★★(フードコードを除き基本高目、安く食べるのは少し歩かないとダメ)

・生活:★★★★(実は値段さえ気にしなければ生活は意外と便利)

・エンタメ:★★★★★(遊ぶという意味では言う事なしのパーフェクト)

・日本語:★★★(英語はほぼ全店で通じる、日本語メニューがあるお店も多い)

・日本食:★★★★★(日本食に限らず、値段を気にしなければ食べ物には一切困らない)

 

 

いわずと知れた台北を代表するランドマークである台北101ビルディングです。高さは509.2m、地上101階建て、で名前はこれに由来します。2004年に世界一の超高層建築物として竣工しました。毎年年越しの際に行われる花火は見もので、日本からも観光客が訪れています。あまり知られていませんが、毎年5月には走って階段を上るマラソンレースも開催されているので機会があればぜひ参加してみて下さい。101の地下(フードコート)と5階エリアにはレストランやカフェが集中しています。有名どころだけでも、ショーロンポーの鼎泰豊、天丼の琥珀、とんかつのまい泉、つけ麺の心心、台湾料理の欣葉、かき氷のスムーシー、ステーキのペッパーランチと挙げればきりがありません。JASONSスーパーもあるので、値段さえ気にしなければ生活に不便を感じることはありませんね(JASONSは高級志向のスーパーで、日本で言えば成城石井のような感じ)。

 

 

こちらは駅名の傍ら「世界貿易センター」。台湾最大の展示会場で、常時いくつもの展覧会が催されています。この日はARTAIPEIという国際芸術博覧会がありました。友人も作品を出展しており、応援に行ってきました。1ドル札を切り抜いてデザインした作品です。展示会の情報は、こちらのサイト(http://www.twtc.org.tw/)から確認できますので、興味があるものがあれば、見てみるのもいいのではないでしょうか。入場券は無料から300台湾ドルくらいが相場で、当日にチケットカウンターで購入できます。

 

 

駅から徒歩数分のエリアには、101以外にもたくさんのデパートがあります。新光三越や、ブリーズセンター南山、ATT 4 FUNなど10を超えるデパートがひしめき合っています。またTicc台北国際会議中心では、様々なアーチストのライブが行われています。この日は日本からセカイノオワリが来ていましたよ。台北アリーナよりも少し小規模な会場なので日本のアーチストも使用することが多いようです。写真下段は、松山煙草工場の跡地です。「松菸」と呼ばれており、日本統治時代に建設されたたばこ工場の跡地です。今は観光地として復活しており、都会の中にあるノスタルジックな雰囲気が魅力的です。不定期で、ビールフェスなどのイベントも開催されているので要チェックです。

 

 

101周辺は高いというイメージがありますが、そんな方に紹介しなければならないがこの「呉興街」です。駅から徒歩5分くらいの距離にありますが、駅前とは打って変わって庶民的な街並みが広がります。もともと101のあるエリアは20年くらいまではとっても庶民的な場所でした。そこが政府の開発区に指定され、今のような高層ビルやデパートが立ち並ぶ街に変貌したわけで、この呉興街は当時の名残というわけですね。安くて、おいしいお店が集まっており、101の上で働くサラリーマンもランチにはこちらに足を延ばす人も多いのです。フードコートだといくら安くても1200台湾ドル近くはしてしまいますが、呉興街であれば、100ドル以下でお腹を一杯にすることが出来ますよ。食べ物屋さんだけでなく文具店やドラッグストアなどもあります。

 

皆さん、如何でしたでしょうか?この記事をみて、101/世貿駅エリアに住みたいと思った方は、↓↓↓コチラの101/世貿駅周辺の物件一覧をご覧ください。(101/世貿駅エリアはもともと住宅が少ないため、紹介できるところも限られますので予めご了承ください)